新潟県立こども自然王国 > 王国通信 > 夏を代表する生き物たち

夏を代表する生き物たち

ネジバナ、マルハナ.jpgのサムネイル画像

まだまだ梅雨はあけていませんが、アブラゼミやヒグラシといった夏を代表するセミたちの鳴き声が聞こえるようになってきました。

足元に目を向けてみると、とても小さな花が咲いています。花がらせん状に咲いている『ネジバナ』です。

このネジバナも夏になると咲き始める花です。

そして、その蜜を吸いに来ているマルハナバチの仲間。クマバチのようにずんぐりむっくりした体をしているハチです。マルハナバチの仲間は地中に丸い巣を作るんですよ!!

ネジバナ、マルハナ.jpg

他にも『オカトラノオ』という、丘に咲くトラのしっぽのような白い花や

オカトラノオ

赤みの強いオレンジ色をした『オニユリ』なども咲き始めました。

オニユリ

 

そして、夏といえば、昆虫採集!!

早朝や夜に昆虫採集に出かけたことがある人は、多いのではないでしょうか?

クワガタムシやカブトムシといった、子どもたちの人気者も徐々に出てきていますが、

今日は、『カミキリムシ』の仲間を2種類紹介します!!

1匹目は『シロスジカミキリ』。

シロスジカミキリ01.jpgシロスジカミキリ02.jpg

背中に白い(黄色っぽい?)線があるので、とても見分けやすいカミキリムシです。

2匹目は『ミヤマカミキリ』

 ミヤマカミキリ.jpg

首のところにしわがたくさんあり、足に毛がはえていて白っぽく見えます。

このカミキリムに似ているのが、ウスバカミキリとクワカミキリがいますので、皆さんも見つけてみて比べてみてください。

 

熱中症に気を付けて、夏の生き物とふれあっていきましょう!!


プレイリーダー なぎ

このページの先頭へ